【雀魂】三人麻雀。傾向と対策。【ルールまとめ】

目次

三人麻雀

基本ルール


・配原:35000
・一位必要点数:40000
・赤ドラ:2枚
・抜きドラ:あり
・自摸損:あり

一位必要点:40000。つまり東風戦であれば東四局。東南戦(半荘)であれば南四局終了時点でトップ者が40000点未満であれば、南入ないし西入となり南一局。西一局がはじまります。南入、西入後いずれかのプレイヤーが40000点以上の点数を獲得した時点でゲーム終了です。

なお、南入の場合の南四局。西入の場合の西四局が終了した時点で仮にどのプレイヤーも40000点未満であったとしてもゲーム終了となり、その時点での点数で順位がきまります。

赤ドラは赤5ピン赤5ソーそれぞれ1枚ずつはいっています。

自摸損:あり。ツモ(自摸)るよりロン(栄和)のほうが得点が得になります。例えばコ(子)が満貫ロン(栄和)の場合には8,000点ですが、ツモ(自摸)の場合には、子から2,000点、親から4,000点。合計6,000点にしかなりません。

詳細ルール


・35000点開始の35000点返し
・ウマ15-0-15(順位ウマのみ)
・嶺上牌は8枚
・二萬~八萬を使用しない
・ドラ表示「一萬」のドラは「九萬」、「九萬」のドラは「一萬」
・チーは禁止
・北は抜きドラ
・北抜きで嶺上でアガった場合、嶺上開花とする
・北を抜いた時点で、一発、ダブルリーチや九種九牌の判定が消える
・抜き北槍槓はあり、ただし槍槓の役としては付かない
・抜き北は捨て牌ではない。フリテンにはならない
・北を面子で使用した場合はオタ風
・途中流局は九種九牌・四槓散了のみ、すべて連荘。四槓散了の場合流し満貫は成立せず、精算は行わない
・ダブロンあり。積み棒/供託は上家取り。和了者に親が含まれれば連荘。

マンズ(萬子)は1ワン9ワンのみ。ドラ表示が1ワンのときにはドラが9ワンとなる点が四人麻雀と違います。

引用元:雀魂公式ページ

まとめ

今後も「【雀魂】三人麻雀。傾向と対策。【ルールまとめ】」について、追記していきます。「【雀魂】三人麻雀。傾向と対策。【ルールまとめ】」について、あなたの「ココが知りたい。」「こんな話もあるよ!」をコメント欄にて、ぜひお知らせください。

最後まで読んでいただき有難うございました!

一覧カテゴリー
雀士キャラクター一覧
ガチャシミュレーターまとめ
「図解」アイテム同士の関係
系統別「演出」「BGM」
編集部のひとりごと「雀魂日記」

\ 楽しい記事がいっぱい! /

よろしければシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次