【書籍レビュー】多井熱 (近代麻雀戦術シリーズ)

この記事を読むと
  • 書籍「多井熱 (近代麻雀戦術シリーズ)」がどんな人向けの本なのかわかります!
  • 書籍「多井熱 (近代麻雀戦術シリーズ)」のオススメポイントがわかります!
  • 編集部が書籍「多井熱 (近代麻雀戦術シリーズ)」を読んだ効果。感想も公開中!!
目次

どんな本?

2023年11月現在Kindle Unlimited 対象書籍です!

AbemaTVやニコニコ生放送で人気ナンバー1のプロ雀士、多井隆晴(おおいたかはる)の心の中をすべて明かす初の書籍です。

戦術本が数多くありますが、映像時代の麻雀プロの生き方をここまで熱く語った本はありません。


嫌いなこともやる
麻雀プロというと好きなことをお仕事にしているイメージがありますが、実は嫌いなこといっぱいやってます! あんなことやこんなこと。でもそれが麻雀に生きたり…(笑)。好きなことだけをやってもナンバー1にはなれないというお話です。
見られることを意識しろ
麻雀プロといったら麻雀の強さだけに集中すればいいかといったらそんなことはありません。麻雀の競技の性質のせいにしてはいけませんが、実際強さだけでアマチュアと大差をつけることはできません。それでもプロとして生きるには、やっぱり見られることを意識しないと。僕はいつも化粧道具を持ち歩いてます。

などなど、トッププロの心情を暴露。
しかもこれって実は麻雀プロではなく、普通に生きてるサラリーマンにも通じる部分がたくさんあるんです。

負けをいかにプロデュースするか
団体は免許の発行所
死ぬときに後悔しないか考えよう
優先順位の一位が「強さ」ではない
内部評価は気にしない
解説はエンタメ
麻雀は努力で一生強くなる

さらに! 秘蔵写真や、趣味丸出し?のオリジナル年表、異常に解説が長いオリジナル何切る問題など盛りだくさん。

読めば麻雀番組が、そして人生も10倍熱くなること間違い無しです。

引用元:Amazon 公式

本を買った目的は?

現在「雀豪」にいる麻雀ポータル編集部。「玉の間」で苦戦し、あきらめて心機一転書籍を読みはじめて、成績が上がってきました。

特に最近勉強になった書籍がこちら。「麻雀無敗の手筋」「麻雀実戦対局問題集」「無敵の麻雀」。

本書も多井隆晴プロの書籍ということで読み始めました。

2023年10月現在Kindle Unlimited 対象書籍です!これも読み始めた大きな理由のひとつです。

心に響いたポイント

本書はマージャン(麻雀)のスキルをあげる本ではありませんが、マージャン(麻雀)で「最速最強」の多井隆晴プロの半生やかんがえていらっしゃることの一部を知ることができる素敵な本です。

たとえば日本プロ麻雀連盟からRMUへ移った経緯など。ABEMAでマージャン(麻雀)を放映する以前にどんなことをされていらっしゃったかご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

麻雀ポータル編集部も、メディアで流れてきている話はなんとなく知っていましたが、本書で書かれている事情や当時の多井隆晴プロの気持ちは(当人ではないので当然ですが)、知りませんでした。そういった経緯や、現在RMUの代表をされていらっしゃるからこその、マージャン(麻雀)プロ一本で生きていくと決めたときのお話。多井隆晴プロの、お母様への気持ち。

内容すべて。いち読者として、心にズキっとするものを最初から最後まで感じながら夢中になって読みました。

これを読んでしまっては、麻雀ポータル編集部。個人的に、多井隆晴プロを推しのひとりにさせていただくしかありません!

・・・まあMリーグに出てこられるプロはみんな好きですけど・・・。

本を読んだ後に、「仕事。自分の人生。趣味。まわりへの感謝。ぜんぶ頑張ろう!」と思える。そんな一冊です!

まとめ

今後も「【書籍レビュー】多井熱 (近代麻雀戦術シリーズ)」について、追記していきます。「【書籍レビュー】多井熱 (近代麻雀戦術シリーズ)」について、あなたの「ココが知りたい。」「こんな話もあるよ!」をコメント欄にて、ぜひお知らせください。

最後まで読んでいただき有難うございました!

\ 楽しい記事がいっぱい! /

よろしければシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次